リーチ麻雀さかえ札幌店
ルール・マナー

トップページ > ルール・マナー

基本ルール

  • 二万五千点持ち三万点返し、東南戦です。
  • Aトップ採用。 ※基準点は札幌1号店二万五千点、札幌二号店二万七千点です。
  • 喰いタン・後付けあり、1翻しばりです。
  • 五萬五索はドラ、五筒は1翻役になります。
  • 積み棒は1本場千五百点です。
  • 親は和了連荘です(オーラスでも同じです)。
  • 二家和、三家和はありません(頭ハネになります)。
  • 持点がマイナスになった場合はゲーム終了です(千点残りでリーチはかけられます)。
  • 箱下の精算はありません。
  • 王牌は常に十四牌残しです(海底牌でのカンは出来ません)。
  • ノーテンは場に三千点です(形式テンパイもあります)。
  • 途中流局はありません(九種九牌、四風連打、四槓流れ、四人立直)。
  • 流し満貫はありません。
  • フリテンリーチ・リーチ後の見逃しツモ和了ありです。
  • リーチの取り消しは、下家の打牌が終了するまでなら二千点を支払い取り消せます。ただし捨て牌にポン・チー・ロン・カンが入った場合は取り消せません。
  • リーチ後、聴牌形が変わる場合、カンはできません(送りカンも同様です)。
  • ノーテンリーチは流局した場合はチョンボです(チョンボは二千点オール) 。リーチ棒はリーチ者に戻り、積み棒無しで親の続行になります。
  • 先ヅモは厳禁です。
  • 見せ牌、コシ牌は(指摘があった場合)現物のロンアガリが出来ません。
  • 空ポン、空チー(二千点罰符)は見せ牌と同様です(「ちょっと待って」も含みます)。
  • 空ポン、空チー、リーチの取り消し後は、次の自分のツモまで仕掛けは出来ません。
  • 空ロン、多牌、少牌、錯ポン・チーはアガリ放棄です(倒牌はチョンボです)。
  • 役満包則(パオ)はツモアガリの場合責任払い、ロンアガリの場合は折半となります。初牌包則(大明カンでリンシャンツモ上がり)は責任払いはありません。
  • 役満は四倍満、八翻で倍満、十一翻で三倍満、十三翻以上で四倍満です。
  • オーラスの親は着順にかかわらずアガリやめが出来ます。
  • 同点の場合、起家に近い方が上位となります。
  • 起家は回り親です(南家スタートのお客様が次回の起家となります)。

札幌1号店特別ルール

Aトップ採用 二万五千点基準

札幌2号店特別ルール

Aトップ採用 二万七千点基準

 

白ポッチ

白ポッチが1枚入ってます

※適用はリーチ後のツモのみ



ゲーム中の基本的なマナー

  • 卓内での携帯電話の使用はご遠慮下さい。
  • フェアプレーに徹して下さい。
  • 相手に不快感を与える言動は謹んで下さい。
  • 相手の和了を批判しないで下さい。
  • 悪質な三味線はしないで下さい。
  • 打牌は強く卓にたたきつけないで下さい。
  • ポン・チー・カン・リーチ・ロン・ツモの発声を明確にお願いします。
  • ヒジは卓上につかないで下さい。
  • イス上でのあぐら、立てヒザなどは御遠慮下さい。
  • 点棒の貸借は絶対しないで下さい。
  • 捨て牌は6枚切りでお願いします。
  • ラス半コールのご協力をお願いします。

 

 

入店規制

  • 未成年者、同業者、泥酔者、暴力団関係者とおぼしき方、刺青・タトゥーのある方、手指の欠損のある方、雪駄・下駄・サンダル履き及び、濃い色付めがね等着用の方の入店は固くお断りします。
  • フロアー内ではスタッフの裁定に従ってください。

 

 


感染予防への取り組み
感染予防への取り組み
感染予防への取り組み
感染予防への取り組み

 

リーチ麻雀さかえ札幌店ページの先頭へ